環境形成研究所の出版物

  HOME  TOPIX  会社概要  業務案内  出版物  採用情報  サイトマップ  メール 


HOME出版物>学会口頭発表

 

環境アセスメント等査読付論文


環境アセスメント等学会口頭発表


環境アセスメント等その他

 

環境アセスメント等会社概要

・挨拶

・会社情報

・経営理念

・役員

・有資格者


補助金決定業務内容

・新エネルギー部門

・環境部門

・IT部門

・その他サービス


学会口頭発表

 

農水省バイオマスタウン構想策定を考慮した地域・産業分析手法に関する研究

 −静岡市清水区をケーススタディとしてー 『PDFファイル』

  日本大学生産工学部学術講演会講演概要、2006

   (塚田創島村隆夫・岡和彦・宮崎隆昌中澤公伯)

 

房総半島沖漁場形成に係わる数値シミュレーションと漁港立地について

地球環境調和型新技術開発を目的とする水の高度利用に関する研究(その3) 

  日本沿岸域学会誌Vol.18、No.4、2006.3

  (中澤公伯・三井和男・西恭一・宮崎隆昌・島村隆夫・星野高士

 

房総半島沖合い漁場の位置情報と湧昇流海域抽出のためのモデル計算

 −地球環境調和型新技術開発を目的とした水の高度利用に関する研究(その2)−

  日本沿岸域学会研究討論会2005、pp.72-77

  (中澤公伯、三井和男、西恭一、宮崎隆昌、島村隆夫(環境形成研究所)、星野高士(同))

 

房総半島沖合い漁場の位置情報と海洋環境特性、漁港立地の空間的関係性

 −地球環境調和型新技術開発を目的とした水の高度利用に関する研究−

  日本沿岸域学会研究討論会2004、pp.34-39

  (中澤公伯、三井和男、西恭一、宮崎隆昌島村隆夫星野高士)

 

工業立地論に基づく海洋深層水利用企業の立地特性について

  日本大学生産工学部学術講演会梗概集、2003

  (中澤公伯宮崎隆昌辰巳勲・高橋和彦)

 

東京湾沿岸域における人口密度と緑地の配置特性について

  日本沿岸域学会研究討論会2002講演概要集、No.15、pp103-106、2002.7

  (高岡由紀子・宮崎隆昌・荒井恒和・中澤公伯)

 

A Study on Time Series Changes of Land Use Clusters in Tokyo Bay Coastal Zone

  Pacific Congress on Marine Science and technology2002 Abstracts、2002.7

  (宮崎隆昌・横堀純子・島村隆夫中澤公伯)

 

The Effect of Urban Districts of Harbor Areas of Osaka Bay Coastal  Zone for Autonomous Land Use

  Pacific Congress on Marine Science and technology2002 Abstracts、2002.7

  (格内俊一・宮崎隆昌・菅雅幸・中澤公伯)

 

 

 

当社環境形成研究所は水産土木調査業務と風力発電の立地計画が主要な業務でありましたが、近年の各種環境問題の広がり等、21世紀の社会要請に貢献することを目標に新たに業務分野を拡大・充実させ、皆様のお役に立てるコンサルタントを目指しております。それに対応するため、専門技術者の増員、また各分野において実績のある企業との業務提携等体制を強化いたしました