アクセス解析
カウンター
漁場漁村計画設計に関して

漁港漁村漁場計画設計

土壌汚染リスク解析を実施しています。

  HOME  TOPIX  会社概要  業務案内  出版物  採用情報  サイトマップ  メール 


HOME業務案内環境部門TOP農林水産>漁港漁村漁場計画設計

 

業務案内INDEX

新エネルギーの利活用水産土木調査研究


新エネルギーの利活用漁港漁村漁場計画設計


新エネルギーの利活用農業漁業林業生産技術調査研究

 

当社の技術者業務案内

・新エネルギー部門

・環境部門

・IT部門

・More...


(その他サービス)

当社の技術者農業生産


(会社概要)

当社の技術者有資格者


漁港漁村漁場計画設計

 

漁港・漁村・漁場の整備計画から漁場回復(藻場造成等)の技術提供を致します。

漁村の方々のまちづくり構想等の実現方法等もご提案させていただきます。

漁場整備構想策定や増殖場造成事業調査設計等の実績も多数ありますので、お気軽にご連絡ください。

 

 


 

漁業そのものや漁業に関連ある職業の日と人々が住み、漁業協同組合を形成しているところが漁村と考えられています。

 


漁船漁業が主体で、ある程度の漁港が整備されているところ

 

 

水産庁で策定した構想事業として以下の4つがあります。

 

@マリノベーション構想
 200海里の定着と周辺水域高度利用の必要性の高まり、漁業に関連する新技術の進展、海洋性レクリエーションの進展等水産業をめぐる新しい情勢に対応し、水産業を核として沿岸域及び沖合水域の総合的な整備開発を図り、消費者ニーズにあった水産物の安定的供給と水産地域の振興を図る
水産物の安定供給、効率的漁業の実現、沿岸域定住圏の形成、海文化の継承のため、以下4つの構想からなっています。


 ▼マリン・コンビナート構想:大規模水産都市の整備と沖合資源の増大・安定化
 ▼マリタイム・ヴィレッジ構想:純漁村地域でつくり育てる漁業と生活環境整備推進
 ▼マリン・テク構想:水産分野への先端技術の導入のための研究開発
 ▼マリン・カルチャー構想:海の文化の継承と漁場環境の保全

 

A21世紀を目指す漁港漁村構想
今後の漁港・漁村の目指すべき役割として以下の構想を提案しています。


 ▼漁港漁村の整備の基本的な構想
 ・漁港総合都市構想(主な施策:漁港ウォーター・フロントの活用等)
  地方定住の核となる漁港の町づくりを行なう。
 ・広域漁港漁村圏構想(主な施策:圏域生産施設の整備等)
  ネットワーク化による漁港漁村の連合体をつくり、広域生産・生活圏としての機能を発揮させる。


 ▼新しい施策を期待する漁港漁村の整備構想
 ・ふれあい漁港漁村構想(主な施策:漁港関係施設の整備等)
  漁村の後継者の確保や地域の活性化を目指す。
 ・栽培漁港構想(主な施策:栽培漁港の整備等)
  漁港施設そのものも資源培養や増殖に効果を発揮するよう建設し、活用を図る。
 ・沖合基地漁港(主な施策:海洋情報ステーション等)
  漁場の利用管理を行い、漁場の監視等の機能を持たせた沖合基地を整備する。

 

Bマリノベーション拠点漁港漁村総合整備事業
 漁港事業をはじめ水産関係事業及び関連事業を総合的かつ重点的に実施する。

 

C美しいむらづくり特別対策
 豊かで美しい生産・生活空間のモデル地区を構築するとともに、全国的に啓蒙普及を図り、「美しいむらづくり」の推進に資する。

 

 

 

当社環境形成研究所は水産土木調査業務と風力発電の立地計画が主要な業務でありましたが、近年の各種環境問題の広がり等、21世紀の社会要請に貢献することを目標に新たに業務分野を拡大・充実させ、皆様のお役に立てるコンサルタントを目指しております。それに対応するため、専門技術者の増員、また各分野において実績のある企業との業務提携等体制を強化いたしました