新・省エネルギー利用調査

各地域特有の有効エネルギー調査

新エネルギー、省エネルギー、ESCO事業

  HOME  TOPIX  会社概要  業務案内  出版物  採用情報  サイトマップ  メール 


HOME業務案内新エネルギー部門>新・省エネルギー利用調査

 

業務案内INDEX

新エネルギーの利活用新エネルギービジョン策定


新エネルギーの利活用省エネルギービジョン策定


新エネルギーの利活用H20省エネ法の改定

 ・改定の概要

 ・改定による届出等

 

当社の技術者業務案内

・新エネルギー部門

・環境部門

・IT部門

・More...


(新エネルギー部門)

新エネルギーの利活用風力発電計画

・風況観測・解析評価

・風況シミュレーション

・環境アセスメント

・風力発電所設置計画

・各種補助金申請


(新エネルギー部門)

新エネルギーの利活用バイオマス利用

・バイオマスタウン構想策定

・バイオマス有効利用調査

・廃棄物利活用調査


(会社概要)

当社の技術者有資格者


新・省エネルギー利用調査

 石油をはじめとしたエネルギー資源に乏しい日本では、8割以上のエネルギーを海外からの輸入に頼っています。このように日本は、エネルギー供給構造が弱い状況下にある一方で、その消費は増加の傾向となっています。

 また、近年ではCO2等の温室効果ガスによる地球温暖化問題が顕在化し、地球温暖化防止対策の必要性が国際的に高まってきたました。

 そのような中、「気候変動枠組条約京都議定書」により、日本は2008年から2012年までの間に温室効果ガスを1990年度に比べ6%削減することとなったものの、その目標達成は難しい状況にあります。 

 

 

 日本におけるエネルギー問題や温暖化問題に対応すべく、新エネルギー活用や省エネルギー活動が重要視されています。

 これらエネルギーの活用・活動は、国・自治体レベルで推進・支援しており、今では個人レベルにも浸透していす。(住宅における太陽光発電など)

 

 当社EOLでは、各地域にあった新・省エネルギーの調査、そのエネルギーを活用するための設備導入等の支援をしています。

 

 

 

 

当社環境形成研究所は水産土木調査業務と風力発電の立地計画が主要な業務でありましたが、近年の各種環境問題の広がり等、21世紀の社会要請に貢献することを目標に新たに業務分野を拡大・充実させ、皆様のお役に立てるコンサルタントを目指しております。それに対応するため、専門技術者の増員、また各分野において実績のある企業との業務提携等体制を強化いたしました